4月のfulmoon

 

満月の今日、午前中はしっかりめにヨガを行なったのですが

モリモリ食べる、浮腫む。

 

眠くなり、横たわったらいつのまにかおちていました。💤

 

寝起きのドッと身体が重くなるのは

カファが溜まり過ぎていることがよく分かります。

 

と、寝起きと同時に月経も開始。

 

1日目から今回は出血量が多いのは

やはり引力の力が高まっているからなのでしょう。それに、食欲も止まりません。

 

私の場合、新月に月経のサイクルが合う時は全くお腹が空かない、身体は軽め

なのですが

 

満月になると

食欲、睡眠欲、

 

とあらゆる

欲が止まりません。

 

 

 

こんな時こそ調整ですね、明日は軽めにヨガ、軽めにラン、軽めの食事で微調整。

明後日の私を軽くするための明日を作るとします。

 

 

 

 

 

 

Continue Reading

食べ合わせの智慧

 

初夏を感じるほどのジリジリとした

暑さのある今年の春の訪れ。

 

この時期アーユルヴェーダでは

カファの季節。

今年はドーシャが乱れてヴァータもとても影響しているんじゃないかなとも思いますが軸になるドーシャはカファ。

 

どんなドーシャの方にも季節のドーシャは影響します。

 

元々、ヴァータピッタが強く出る私は

ヴァータピッタの乱れが

春はカファの影響て緩和され

この時期はなんだか気持ち穏やかに過ごせるように思えます。

 

古来、日本人は

白く柔らかな肌、ちょうど良い肉付きの良い体格、穏やかで寛大であり

カファ体質な人が多かったのではないかと言われています。

 

そんな日本人らしい食の一つ。

おばあちゃんの味。

 

 

今回は”ほうれん草の胡麻和え”について

 

 

ほうれん草の胡麻和えは

軽く茹でて絞ることで

ほうれん草に含まれる硝酸やシュウ酸カルシウムを減らします。

これらは摂りすぎると発ガン性物質や糖尿病、アレルギーの原因になるとも言われている為、ほうれん草は軽く茹でてあげることが一つの予防に繋がります。

 

更に胡麻や鰹節で和えることで

茹でて絞り失われた栄養素を補えます。

 

そんな日本人らしい食のとりかたが

より健康を目指す為の

食べ方、食べ合わせの理にかなっていて。

 

スパイスもそうですが

しっかり栄養バランスを整える

日本食も食卓には大切だなぁと思う日々。

 

何より、日本食は落ち着く。

 

さぁ今日は何をつくろうかな

 

Continue Reading

トウキョウノユキアソビ

先日の大雪で。

時間も交通も園も食材の買い出しだったりなどそれぞれのダイヤは乱れましたが

気持ちは乱れず、めいいっぱい

“東京”に積もった”雪”を楽しみました。

自然からの贈り物として、受け取りました。

 

大雪の降った翌朝、長男の幼稚園を午前中休ませ、主人の仕事も午後出勤にしてもらい

近くの公園へ!

 

朝9:30〜開く公園なのですが

10:00入りして、人もまだ少なく

積もったままに広がる美しい、雪景色でした!

私は身長が小さく足も短いので

この通り(笑)

膝までどっぷり浸かってます。

 

長男は雪風呂〜と楽しんでました!

 

長男の足跡
傘に積もる雪

 

子供を出産してから

勢いがなくなり

小心者になってしまった私。

 

サーフィンもスノボーも

もしものことがあったら!

と。

どの場面においても警戒心が強くなる一方で。

いつ、もしもが起きてもおかしくないのですが、なんだかいつのまにか、過度になっていて面白くない人間になっていた、、

もちろん、子供を守るべき親として必要なことでもあるけど、、

 

力の限り、守り、力の限り楽しむ!!

そんな想いを私に残してくれた2018年1月の雪。

Continue Reading

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

年末、まとめられなかったので
年は明けましたが昨年を振り返ろうと思います。

昨年の私はクラスを増やすことに挑戦しました。

新しいスタジオと紹介制で自宅の近所でクラスを始めました。
新しいスタジオでは
母体がパーソナルトレーニングジムということもあり
毎回レッスン後にお一人お一人様の今の心身の状態、そこからの改善方法、今後の目標などをカルテに記入します。
次に担当されるインストラクターさんへどう伝えたら良いのか考慮し
同時に情報管理力も鍛えられ、学びがありやり甲斐のある職場です。
以前、エステティシャンをやっていた時もカルテを管理していたのですがその時よりは少し成長出来ているのかな。
とはいえ、まだまだなので引き続き今年も情報管理力を鍛えます。

“ヨガ”だけではなく
ヨガを基盤に様々な方向性からヨガを伝えられるようになりたいと思った年で、実践できた一年だったかな。

その様々な方向性の中の一つに
“食”
生きる上で欠かせないもの。

アーユルヴェーダからだったり
流行りの食だったり
自分でとにかく気になったものを
色々試してみる。
こちらも引き続き!
今年は食についても深めようと思います。

2017年の私も
いつも基盤はヨガで
ヨガとは私で
離れても
いつでも戻ってきていいんだよー
という我が家である
my yogaの中で生きた年でした。

今年もmy paceに
自分のヨガと共に思いっきり悩んで楽しんで
ぶつかるたびに様々な色の自分と
楽に生きる方法を探し続ける一年にしたいと
思います。

ちなみに今年の目標はまだ立っていません(笑)
ちゃんと考えていますがまだパッとせず。

1月中に、自分に提出しますーー

Continue Reading

旬のゴボウを使った消化促進レシピ

今日は風が強く

お昼の暑さ

夕方の寒さと温度差があり

落ち着きのない地球の動きで

ヴァータな日だなぁと感じました。

 

そんな日は

ゆっくり丁寧に自分と向き合い

安らげる自分を探すこと。

 

頭の中での考えごとや感情の動きも

静かな時間を作ってあげることが

大切になります。

 

忙しい波にのまれて

自分の不調に気付けなくなる前に。

そんな風に自分と向き合うことも

良いかもしれません。

 

そんなヴァータを鎮静させるレシピ!

 

 

ヴァータの季節に合わせた旬の食材。

アーユルヴェーディックな

ゴボウのスープです。

排泄もスムーズになるのでとってもオススメ!

 

《材料》3〜4人分

・ゴボウ 35〜40cm

・玉ねぎ 中 1/2

・カシューナッツ 50g

・ギー 大さじ2

・水 400ml

・塩 小さじ2

・胡椒 お好みで

 

《作り方》

玉ねぎとゴボウを1cm幅くらいに切る。

火を弱火で付け少しずつ鍋をあたためる

ギーを鍋に入れ(出来ればアルミ以外で)

玉ねぎとゴボウも入れて炒める。

玉ねぎが透き通ってきたら

カシューナッツを入れオイルが全体に絡まったら塩とお水を入れる。

20分程煮込む。

野菜とナッツがやわらかくなったら

ミキサーで撹拌させ

滑らかにする。

お好みで胡椒、ギーをかけていただきましょう。

彩にハーブやクコの実を乗せても✨

 

私は牛乳や豆乳を入ない方が

排泄がよりスムーズになり

 

このスープを飲むだけで腸が動き出します!

 

日本の四季に合わせて

不調を予防、改善出来るような

その時の旬の食材がうまれる!

自然に生かされているのだと

改めて感じる日々です。

 

 

 

 

 

Continue Reading

柔軟な心と身体をヨガで鍛える

 

 

夏が終わりました。

今年の東京の夏は

 

夏らしい夏ではなく雨が続きました。

 

夏なのになんだか肌寒かったり

太陽の陽射しをなかなか感じれなかったりと

 

こうして低気圧が停滞すると

副交感神経系がより優位に働き

雨が続くことで優位に働きすぎてしまい

心身にはやる気の低下、怠さといった症状が出やすくなります、、

 

こういった症状を回避、改善する為に

8月のクラスでは自律神経のバランスを整えるクラスを多く行いました。

 

 

今年の夏の天気のように

 

普段の日常でも

今まではこうだったのに

こうなってしまった。

昨日は上手く行ったのに

今日は上手くいかない。

 

ということが

きっとどんな場面でもあるかと思います。

 

 

そんな場面でも

どんな時にも

順応できる心と身体作りが

もっと人生を楽に生きやすくするヒントに

なるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

Continue Reading

命の繋がり

 

 

今日、入院していたおばあちゃんが家に帰ってきました。

 

私のおばあちゃんなので

子供達のひいおばあちゃん。

 

なんと、あと1カ月で97歳!!

とにかくおばあちゃんの孫で産まれたことが私の誇りであり自慢です。

だって97年間も同じ肉体で、様々なことを乗り越えて来ているんですから。

強い肉体と強い心。

よくバランスが取れているなぁと日々思います。

 

今日は子供達2人は

おばあちゃんと寝ました。

3人でベッドで。

 

涙が止まりませんでした。

 

97歳のおばあちゃんと5歳と3歳の息子達の間にはたくさんの時間があったけど

こんな風に

約92年の時間を経て繋がった命を

大切に、大切にしたい。

 

少しでも永く続くことを

毎日、祈っています。

 

Continue Reading

カナシミとヨロコビ

 

 

近頃、不安になったり悲しんだり、時に喜びが溢れたりと感情がよく動く日々が続いています。

 

私はディズニー映画の「インサイドヘッド」が凄く好き。

 

 

子供達と一緒に定期的に見るほど好きな作品です。

主人にはもうDVD買ってくれよと言われていますが

まだ買っていません。

 

この映画は

1人の少女の感情(喜び、悲しみ、怒り、ビビり、ムカムカ)を土台とした物語。

メインで動くのは

ヨロコビとカナシミ(それぞれが一つのキャラクターになっています)

 

この対照的な感情の互いの必要性を感じられ気づかされます。

 

カナシミはマイナス思考、ネガティヴ、どんな一言も暗く、重たく、、

そんなイメージ。

反対に

ヨロコビは前向き、ポジティブ、明るく、周りまで巻き込んで笑顔に出来るような存在

 

きっとどんな人間もどちらも持ち合わせています。

 

悲しいことが起こったとき

涙を流して悲しんでいると

周りの人は心配し

慰めてくれたり、一緒に悲しんでくれたり、笑わせてくれたりします。

そうすると悲しかった感情が

ホッとし、癒され、ヨロコビに変わるのです。

カナシミからヨロコビが生まれる。

 

ちゃんと自分の気持ちに素直に悲しんだから、周りに支えられ、今度は喜ぶことができた。

 

頑なになってその気持ちに蓋をし

我慢をしたらどうなるだろうか?

 

人は気づかないし、悲しみの行き場をなくし

その感情は何処に行くのだろう?

 

無理に、前向きな気持ちを作ろうとすると

どこか苦しい。

 

自然に出る感情を大切にしたらいいんじゃないか。

ヨロコビもカナシミも両方あっていいんじゃないか。

 

それぞれの感情の大切さを教えてくれる映画です。

 

 

社会との関わり、人との関わりの中で

もちろんいつも感情を剥き出しにしていて良いわけではないのですが

時に、自然な気持ちに素直になることも

いいんじゃない?と思います。

 

 

 

 

 

 

Continue Reading

こだわりを手放したあとに残ったもの

 

年々お化粧が薄くなり

最近のわたしはアイシャドウなし

上まつげマツエク、下はマスカラのみ

ベースは日焼け止めとお粉

 

お化粧して飾ることも好きですが

お化粧に時間をかけるなら、他に使うことが多いです。

 

 

ヨガに出会ってから、見た目の自分と話すのではなく、その時の内側にある自分と対話できるようになり

 

必要以上に飾らない自分を好きになりました。

 

昔は、肌を黒くし目の周りも真っ黒、つけまつげを二枚つけ、カラーコンタクトをし

お化粧をしなくては外に出られないと

考えていました。

とにかく見た目ばかり気にしていたので

その時のことを思い返すと窮屈だったろうなぁと思います。

 

こうでなきゃだめと思い込みも強かったように思えます。

 

今は携帯で加工がいくらもできますが

写真はあるがままの自分を残したかったので

今回は加工もしないノーマル。

 

 

そんな最近の私ですが

もう一つ、こだわっていたことに気付きました。

それは、”ヨガ”です。

私がヨガのインストラクターの資格を取り活動をはじめて

7年が経ちました。

これまで、私はヨガのインストラクターだから、もっとヨガを深めなくては

ヨガに関わるものの勉強を一生続けていかなければ

 

〜しなきゃいけない

という思い込みで

 

今の自分が本当にやりたいこと

今の自分に出来ること

 

を見失って気づけば理想ばかりが高くなっていました、、

 

しばらく

しなければならないという考えを

一度リセットするよいに

考えることをやめるようにしました

 

その間は

出来る時に

マイペースにヨガの時間を作り自分と向き合いました。

 

すると見えてきたものがあって

 

 

私の中で生涯を通してかかせないものを改めて認識しました。

 

それは”ヨガ”と”食”

 

この”食”を今、一番勉強したいと思いました。

 

自分なりに調べ

勉強し始めたのが

”フードコーディネーター”

です。

 

最初は

栄養士、管理栄養士と目につき頭から離れませんでしたが

 

今の私に出来る

ちょうどいいが

フードコーディネーターの勉強でした。

(自主勉強なので時間の束縛がなくマイペースに続けられる為)

 

 

ヨガへのこだわりが強く

 

むしろこのこだわりでヨガすらも見失ってる状態でした。

 

執着を手放す

 

ヨガの一つの教えです。

 

私が勉強しなくてはならないのはヨガ

ヨガに関わる全てのものを勉強しなくてはならない

 

こんな自分を解放してあげて

一から考え直したここ何ヵ月でした。

 

残ったものは

あるがままの自分

 

今の自分も最高に心地が良い。

 

 

Continue Reading

最近の母事情

5月から次男のプレスクールが始まり

長男のサッカースクールを園から外部に変えまして、、

スクールは自宅から少し距離がある為

やっと慣れてきたかなと思える6月下旬。

 

あっ、、、

 

っという間に一週間が終わっています。

 

 

その中で気持ちも行動も慌ただしくなってしまう日も。

そういう日ってたいてい

朝からだめなんですよね。

 

いや前日の夜からかな。

 

わたしの中での調子良い

は特に

しっかり睡眠がとれているかとれていないかで

変わってきます。

 

少し意識を変えて

 

夜ご飯を食べ過ぎない

携帯やテレビを完全に控える(少しでも見ると気になってついつい必要以上に見てしまったりするので)

今日1日、1番疲れているなという場所を重点的にマッサージをする

いつもより一時間早くお布団に入る

 

など、、

今日は疲れたなと思う日はより意識して夜を過ごすようにしています。

 

いつか意識していたものが

無意識に、習慣化されて

自然と身についていくように。

 

積み重ねでございます。

 

Continue Reading